【日経トレンディ】保険外治療のお値段

4月 13, 2009 Author enty

日経トレンディ2009年5月号(日経BP社)にて「保険外治療のお値段」という記事でレーシックが取り上げられています。レーシックのクリニックの選び方のポイントが書かれています。

記事にあるクリニック選びで戸惑うポイントをあげてみます。以下の4点が記載されています。

  1. 料金が安いクリニックか手厚くケアしてくれるクリニックか
  2. マイクロケラトームかフェムトセカンドレーザーか
  3. 主治医制か分業制か
  4. 眼科専門医かそうではないか

上記2に関しては別途施術法の違いにて詳しく説明します。1と3はおそらく重なる違いになるかと思いますが、大手クリニックは数をこなすことで一人当たりの単価を下げています(レーシックの料金に関して)。そのため多くが分業制となり、術前の説明・手術・術後のケアを行う人が異なることでしょう。対して料金が高いクリニックの場合、最初から最後まで全て同じ医師が行います。これは執刀医が術後ケアを行わず主治医不在になるとの意見もあれば、複数の医師の意見が聞けるので安心であるという面もあります。料金と対応に関しては人によって求める点が異なるので、ご自身にあったクリニックを選ぶのがいいでしょう。分業制が問題ということではないので、価格面から分業制のクリニックを選ぶことも決して間違いではありませんし、担当制で同じ医師に診てもらうのも選ぶべきポイントになるでしょう。例えば東京慈恵会医科大学付属病院では、通常術前検査が1〜2回(場合によっては3〜4回)医師や看護師が付きっきりで検査をして手術料金が40万円くらいだそうです。それもぎりぎりの料金とありました。手厚いケアを求めるとそのくらい料金がかかってしまいます。

4の眼科専門医かどうかということに関して記事では「手術を行うのは日本眼科学会が認定する眼科専門医であるべきだ」という意見と「大学ではレーシックを教えないため、眼科専門医であっても専門医以上にレーシックの経験を積ませている」の両方掲載しています。ただ「眼科専門医=レーシックの経験がない」訳ではありません。気になる方は適応検査を受けたときにレーシック手術の経験年数を聞いてみるのもいいと思います。多くの感染症患者をだした銀座眼科の溝口院長が眼科専門医ではないという事実は大きいのではないでしょうか。

[PR]
>>錦糸眼科で詳細を見る
>>神奈川クリニック眼科で詳細を見る

包茎の治療は手術がきれい
上野クリニックで包茎治療をする

Leave a Reply: