iLASIKの手術方法の動画(徳島県の三木眼科)

3月 18, 2009 Author enty

レーシック手術のFS60レーザーによるフラップ作成の様子。フェムトセカンド(1000兆分の1秒)レーザーを使用し角膜層間の水分を蒸発、剥離 する事によって、フラップを作成します。

iLASIK(アイレーシック)はマイクロケラートムの様な刃物を使用しないので、安全性が高く切断時の歪みが少ないためフラップ作成に伴う収差の発生を抑えることができます。また熱や痛みも伴わないため、患者様の負担も従来の方法よりも軽減されます。

FSレーザーを使用する事により、患者様の角膜に最も適した均一で薄いフラップを作成 する事が出来ます。さらに、フラップの周辺部は直角に近い角度で切断されるため、術後 の安定が早く、ずれにくいのが特徴です。(YouTubeより抜粋)

>>神戸クリニックの適応検査に申し込む
>>神戸クリニックの詳細を見る

FXでスキャルピングを重視しますか
転職サイトを比較してますか